都会における福祉医療の問題点

少子高齢化がかなり深刻化してきている日本において、社会福祉費や介護費などの、費用の増大による福祉医療の問題は避けられません。
これらの問題点は主に、都会ではなく地方を中心に議論されがちですが、東京などを中心とする都会では、地方とはまた違う問題点が浮かび上がってきます。
簡単に見ていきましょう。
地方での問題点といえば、過疎に伴う少子高齢化により、若い世代の社会福祉費の負担が増加することや、医師や看護師不足により満足な医療が受けられないなどです。
これらの問題は地方だけでなく、都会でも起きています。
都会は各地方から人が集まるという特性上、地方とは逆に過密気味になります。
そうなると、特に医師や看護師不足というわけではないのに、その数を上回る患者数が増え続けることにより、結果として社会福祉費が増大します。
このように、福祉医療の問題点は地方だけに集中するわけではありません。
今後もっと過疎や過密が顕著になってくれば、前述した地方や都会の問題点はますます深刻になってくるでしょう。
解決するためには国だけに頼るのではなく、国民一人一人が関心を持ち、危機意識を持つことが重要だと思います。

婚活 広島

婚活 徳島

婚活 香川

結婚相談所 滋賀

婚活 長崎

MENU

更新情報

東京は日本で1番人口が多い都市です。
その為、どんな場所でも人が溢れているのが日常です。
東京の福祉医療に関する問題

私の考える福祉医療はもうすでに存在している施設のようなものです。
老人ホームとして存在し、年金

東京福祉医療について これからの医療福祉

地域の福祉医療は実際に見ることで分かる部分があります。
特に自分が見た最新の医療や介護は、高齢

福祉医療と都会の様子に対する感想

福祉医療費と言うのは、国民健康保険や社会保険を利用して受けた医療費の中で自己負担する費用を、公費で負

東京都の福祉医療とは

Copyright© 福祉医療 東京 All Rights Reserved.

都会における福祉医療の問題点