東京の福祉医療に関する問題

東京は日本で1番人口が多い都市です。
その為、どんな場所でも人が溢れているのが日常です。
しかし福祉医療の現場ではその「人口」で色んな問題があります。
例えば入院をしたくてもベッドがあいてなかったり、妊婦を受け入れる体制がととのっていなかったりです。
優秀な医者や看護婦はいるものの、ニーズに対して受け入れる口が少ないのが課題です。
福祉医療と言えば老人介護施設も同様です。
入居希望者は増加をたどるのに対して、施設の数が足りません。
これを解消するには都心に小さくても入れるスポットを沢山もうけるなど小さな活動が必要になってきます。
すぐに改善はみられなくとも受け口と働く人を増やす事で福祉医療の現場はもっと良くなるはずなのです。
また若い世代に憧れられる業界になることも求められています。
給与だけでなく、やりがいや生きがいといった部分を感じることが出来れば都心全体の福祉現場がよりよい方向に向かっていくのではないかと思います。

Copyright© 福祉医療 東京 All Rights Reserved.

東京の福祉医療に関する問題